まぶたケアとアイクリームの研究室

表参道まぶたケア研究室

【9月】伸びたまぶたセミナー【表参道】

三重まぶたを治す方法

三重まぶたには筋肉の運動が効く! 詳しいトレーニング法はこちらです。

更新日:

三重まぶたになりやすいタイプ

あなたは、どのような三重まぶたでお悩みでしょうか?

一口に「三重まぶた」といっても、"一過性のタイプ""慢性的なタイプ"に分けられます。

"一過性の三重まぶた"の場合、体や目元の「疲れ」や「むくみ」が徐々に回復することで、自然と元の綺麗な二重に戻るケースが多いです。

しかし、"慢性的な三重まぶた"の場合、代謝不良や老化の影響を受けているので、時間がたってもなかなか元の綺麗な二重に戻りません。

ただ、(一過性であれ慢性的であれ)両者ともに「共通点」があります。

それは、「筋肉を使っていないと三重まぶたになりやすい」という点です。

 

「えっ!? 筋肉?」
と驚かれる方も多いでしょうが、「目の周りの筋肉」だけでなく、「体全体の筋肉」を使っていないと三重まぶたになりやすく、元の二重まぶたに戻りにくくなるのです。

©表参道まぶたケア研究室
私の手元のデータでも、目元と体が「運動不足」の方は、三重まぶたになりやすい傾向があります!

やはりパソコン仕事など、目を酷使して運動不足になっている方は「三重まぶたさん」が多いですね。

このように目元と体が「運動不足」だと、代謝不良で三重まぶたになりやすいですが、逆にいえば、しっかり運動やトレーニングを行うことで、三重まぶたは元の二重に戻りやすくなります。

そこで、今回このページでは、三重まぶたを治すトレーニングと運動のやり方を詳しく解説します。

まずは「筋肉を動かす効能」について説明してから、具体的なトレーニングと運動のやり方を詳しく解説しますね。

©表参道まぶたケア研究室
【追記】2019/02/26

「このページのトレーニング法で三重が治った~!」という嬉しいお声を頂きました(^^♪

あなたも、騙されたと思ってぜひ実践してみてくださいね。

関連するページ

-三重まぶたを治す方法

なぜ筋肉を動かさないと三重まぶたになるの?

なぜ、筋肉を動かさないと三重まぶたになりやすく、筋肉を動かすと元の二重に戻りやすくなるのでしょうか?

その理由を「目元の運動」「体の運動」に分けて解説します。

©表参道まぶたケア研究室
具体的なトレーニングを実践する前に、「筋肉を動かす効能」について正しく理解しましょう!

目元の運動不足で三重まぶたに・・

三重まぶたになる理由の一つは「目元の運動不足」が挙げられます。

現代人はスマホやパソコン、テレビなど画面を見ていることが多いので、目元の筋肉があまり動かずに緊張しているケースが多いです。

©表参道まぶたケア研究室
実際、モニター画面を見ているときは瞬きの回数が減少しますし、顔の表情もほとんど動かないので、目元の筋肉がこわばってしまいます...。

目元の筋肉がこわばると、まぶた本来の柔軟性が失われるので、元の二重が乱れて「三重まぶた」が発生しやすくなります。

また、目元の筋肉が動かないと、血液とリンパの流れが悪くなるので、余分な水分や老廃物が排出されず、「むくみ」が生じることが多くなります。

目元に「むくみ」が生じると、皮膚の表面に1本、2本と余計なラインが入り、本来の二重まぶたが乱れて「三重まぶた化」してしまいます。

©表参道まぶたケア研究室
現代人はデジタル機器を多用するので、慢性的に目元がむくんで三重まぶたが治りにくいケースが多いです...。

さらに、年齢が上がるにつれて、体の筋肉と同じように「目元の筋肉」も徐々に衰えていきます(筋肉の萎縮)。加齢で目元の筋肉が萎縮すると、まぶた本来のハリが低下するので、皮膚がしわしわとたるんで三重まぶたの発生に繋がります。

©表参道まぶたケア研究室
「放っておくと目元の筋肉は衰える」と覚えておいてください!

目元の筋肉の衰えで「たるみ」や「三重まぶた」が発生しやすくなります。

体の運動不足で三重まぶたに・・

実は、(目元だけでなく)体全体が運動不足になると、三重まぶたが現れやすくなります。

なぜ、体が運動不足だと三重まぶたになりやすいのでしょうか?

大きな理由としては、(目元の場合と同じように)体全体が運動不足になると、全身の血液とリンパの流れが悪くなるからです。

体の筋肉が使われないと、全身の血液とリンパの巡りが悪化するので、まぶたに必要な栄養を届けて、不要な老廃物を回収する機能が低下してしまいます。

©表参道まぶたケア研究室
とくに慢性的な運動不足になると、全身の筋肉が衰えるとともに、心臓のポンプ機能も低下していくので、(まぶたの皮膚など)末端の血液とリンパの流れが滞りがちになります。

さらに、運動不足で血行不良が慢性化すると、肌の線維芽細胞(せんいがさいぼう)の代謝機能が低下するので、コラーゲンやエラスチンの生成力が衰えてしまいます。

肌のコラーゲンやエラスチンが減少すると、「たるみ」などの老化現象が早く進んで、三重まぶたなどのトラブルが生じやすくなります。

 

このように運動不足で体の筋肉が使われないと、まぶたの代謝機能が衰えて「老廃物」が溜まったり「老化」が早く進んだりして、結果として三重まぶたが現れやすくなるのです。

©表参道まぶたケア研究室
とくに女性は、もともと筋肉量が少ないため「冷え性」の方が多く、三重まぶたなどのトラブルが生じやすい傾向があります。

筋肉を動かして三重まぶたを治そう!

以上のように「目元」と「全身」の筋肉は、動かさないと老廃物が溜まったり老化が早く進んだりして、三重まぶたなどのトラブルが生じやすくなります。

逆にいえば、「目元のトレーニング」や「全身の運動」を積極的に行えば、溜まった老廃物を外に流して必要な栄養を取り入れやすくなり、まぶたの代謝機能を高めることができるのです。

その鍵になるのが、やはり「筋肉」です。

意識的に「筋肉」を動かしたり鍛えたりすると、滞った血液とリンパ液の流れが促進されるので、まぶたの代謝が良くなって三重まぶたが治りやすくなるのです。

©表参道まぶたケア研究室
実際、「全身の運動」と「目元のトレーニング」で三重まぶたが治った!という嬉しいお声を頂いております(^^♪

ですから、三重まぶたを元の二重に戻すには、美容液やアイクリームに頼るだけでなく、積極的に目元と全身の筋肉を動かすことを心がけましょう。

三重まぶたに効果的なだけでなく、アイチエイジング効果も期待できるので、このページで具体的な方法をマスターしてください!

©表参道まぶたケア研究室
以下、「目元のトレーニング」と「全身の運動」について詳しく解説していきますね(^^)

三重まぶたに効くトレーニング

*今すぐトレーニングの詳細を見る ▼

三重まぶたを治すトレーニング法はいろいろあるのですが、表参道まぶたケア研究室では「実際に効果があった方法」だけをご紹介します。

ポイントは「目の周りの筋肉」、とくに「目の上の筋肉」をしっかり動かすことです。

「目の周りの筋肉」がこわばると、余分な水分や老廃物が溜まって三重まぶたが生じやすくなります。

また、「目の上の筋肉」が衰退(萎縮)すると、本来のハリが低下して「たるみ」「くぼみ」が生じ、三重まぶたの発生に繋がります。

ですから、「目の周りの筋肉」、とくに「目の上の筋肉」を意識的に動かして、凝り固まった筋肉をほぐすとともに、トレーニングを習慣にして筋力アップを図ることが大切です。

筋肉をほぐすと血液とリンパの流れが良くなり、また筋肉量が増えると「たるみ」や「くぼみ」が改善されるので、三重まぶたが元の二重に戻りやすくなります。

実際に「三重まぶたに効くトレーニング」だけを紹介しますので、覚えたらさっそく実践してみてくださいね(^^)

©表参道まぶたケア研究室
以下、具体的なトレーニング法を紹介する前に、まずは"目の上の筋肉の動き"をチェックしてみましょう。

トレーニングの前に筋肉の動きをチェック!

実際に「目の上の筋肉の動き」をチェックすると、効果的にトレーニングを行うことができます。

一般的な筋肉トレーニングでも、筋肉を意識することで鍛えやすくなると言われますが、「目の上の筋肉」も同じです。意識することで、トレーニングの効果がアップするので、まずは実際に触って「筋肉の動き」を確認してみましょう。

「目の上の筋肉の動き」を確認するには、目の上に指(人差し指・中指・薬指)を当てて、目をギュッと強くつぶってみてください。

目をギュッと強くつぶると、目の上の筋肉が収縮して膨らむのが分かるかと思います。

©表参道まぶたケア研究室
たとえば、腕を曲げると筋肉が収縮して膨らみ(こぶ)ができますが、それと同じように、目の上の筋肉も、目を強く閉じることで収縮して膨らみができるのです。

このように筋肉を刺激すると、いったん筋線維の一部が破断されますが、それを修復するときには以前より少し太くなって修復されるので、結果として筋肉は大きくなるのです。

これを超回復(筋肥大)といい、繰り返しトレーニングを行うことで筋肉の体積は増えるので、目の上のふくらみ(ふっくらとしたハリ)を取り戻すことができます。

それによって、目の上の「くぼみ」や「たるみ」が改善されるので、三重まぶたは元の二重に戻りやすくなるのです。

©表参道まぶたケア研究室
まずは、「超回復(筋肥大)のメカニズムで目の上の筋肉は鍛えられる」と覚えておいてください!

「筋肉」なので、繰り返し刺激を与えることで肥大してハリが出てくるのは、他の体の部位とまったく同じです。

三重まぶた専用トレーニング

三重まぶた用のトレーニングとしては、「目の周りの筋肉」とくに「目の上の筋肉」を動かすことが重要です。

「目の上の筋肉」とは、【眼輪筋(がんりんきん)】の上半分です。

【眼輪筋(がんりんきん)】は眼球をドーナツ状に囲む筋肉ですが、その上半分を意識的に動かすことで、三重まぶたは元の二重に戻りやすくなります。

三重まぶたが治るメカニズム

  • 筋肉を動かす
    ⇒血液とリンパの流れが改善!
  • トレーニングを習慣にして筋肉を鍛える
    ⇒(筋肥大して)目の上の「くぼみ」や「たるみ」が改善!

三重まぶたが元の二重に戻りやすくなる!

©表参道まぶたケア研究室
では、具体的なトレーニング法を見ていきましょう。

三重まぶた専用トレーニング1

  1. 目を軽く閉じる。
  2. そのまま目をギューッと強く閉じて、3秒キープする。
  3. 3秒たったら、力を緩める。
    (*これを1セットとして10回ほど繰り返す)

目を閉じたまま、3秒ほど目を強く閉じてキープしてください。3秒たったら、力を緩めて1、2秒休みましょう。そして、この流れを1セットとして10回ほど繰り返してください。

まずは、目の上(眉の下)に指を当てて、このトレーニングを行ってみるのがオススメです。

指を当てた状態で目をギューッとつぶると、目の上の筋肉(眼輪筋の上半分)が収縮して膨らむのが分かるかと思います。そして、力を緩めると元に戻りますが、この筋肉の「収縮」と「弛緩」を感じ取りながら、まずはトレーニングを行ってみてください。

©表参道まぶたケア研究室
「目の上の筋肉の動き」を意識してトレーニングを行うのがポイントです!

実際に手で触ってみて「筋肉が動いている」と感じ取れれば、「目の上の筋肉をちゃんと刺激できている」ということです。

そして、繰り返しトレーニングをして刺激を与え続けることで、目の上の筋肉は徐々に「筋肥大」していくので、目の上に"ふっくらとしたハリ"が出てきます(長期的効果:「たるみ」や「くぼみ」が改善)。

一方、短期的にも筋肉が「収縮」と「弛緩」を繰り返すことで、血液とリンパ液の流れが促進されるので、溜まった水分や老廃物をスムーズに外に流すことができます(短期的効果:代謝向上。「むくみ」の改善。)。

結果として、まぶたの調子が良くなり、三重まぶたが元の綺麗な二重に戻りやすくなるのです。

三重まぶた専用トレーニング2

  1. 目を軽く閉じる。
  2. そのまま目をギューッと強く閉じて、3秒キープする。
  3. 3秒たったら力を緩めて、今度はパッと大きく目を開く(1秒)。
    (*これを1セットとして10回ほど繰り返す)

先ほどと同じように、まずは3秒ほど目を強く閉じてキープしてください。そして、3秒たったら力を緩めて、今度はパッと大きく目を開きましょう(1秒)。

先ほどと同様、「目の上の筋肉の動き」を意識しながらトレーニングを行ってみてください。

©表参道まぶたケア研究室
「3秒強く目を閉じて、1秒大きく目を開く」簡単なトレーニングです!

先ほどと異なる点は、目を大きくパッと開くところです。目を大きく開け閉めすることで、凝り固まった筋肉を効果的にほぐすことができます。

このトレーニングは、寝起きや夕方の三重まぶたを治すのにオススメです。

筋肉を大きく動かして、血液とリンパの流れを促進できるため、寝起きや夕方の三重まぶたを二重に戻すのに効果的なトレーニングと言えます。

©表参道まぶたケア研究室
もちろんトレーニングを継続すれば筋肉は肥大するので、長期的にも目元のアンチエイジング効果が期待できますよ。

トレーニングを継続しよう!

以上のトレーニングを行えば、目の周りの筋肉をほぐして血液とリンパの流れを促進できるので、溜まった水分や老廃物を外に流して、必要な栄養を取り入れやすくなります(代謝の改善)。

そして、トレーニングを習慣にして継続すれば、徐々に「筋肥大」して"ふっくらとしたハリ"が出てくるので、目の上の「たるみ」や「くぼみ」を効果的に改善することができますよ。

結果として、上まぶた(目の上)の調子が良くなってくるので、三重まぶたは本来の綺麗な二重に戻りやすくなるのです。

ですから、根本的に三重まぶたを予防・改善しようとお思いでしたら、トレーニングを毎日、続けていくことが大切です。

毎日トレーニングを継続することで、目元の代謝が良くなりますし、徐々に筋力アップして「くぼみ」や「たるみ」を効果的に改善することができますよ。

それにより、三重まぶたは治りやすくなりますし、純粋にアンチエイジング効果も期待できるので、私も継続して行っています!

オススメ

トレーニングは入浴中や入浴後に行うなど、毎日「クセ」をつけることで、忘れずに継続することができますよ(^^♪

また、目が疲れたときに"ストレッチする感覚"で行えば、目元がすっきりリフレッシュできます。

三重まぶたには全身の運動もおすすめ?

以上「目元の運動(トレーニング)」について解説しましたが、三重まぶたを治すには「全身の運動」もお勧めです。

体全体が運動不足になると、全身の血液とリンパの流れが悪化しますし、肌の線維芽細胞(せんいがさいぼう)の代謝力が衰えて、コラーゲンとエラスチンの量も減少してしまいます。

線維芽細胞とは?

線維芽細胞は肌の真皮層に存在し、ハリの2大成分「コラーゲン」と「エラスチン」を生成しています。

運動不足になると、全身の血液循環が悪化するだけでなく、(線維芽細胞の働きが衰えて)肌のコラーゲンとエラスチンが減少するので、「たるみ」「くぼみ」「むくみ」など目元にトラブルが生じやすくなります。

結果として、三重まぶたになりやすく、元の二重に戻りにくくなるのです。

逆にいえば、積極的に運動すれば目元の調子が良くなるので、三重まぶたが元の二重に戻りやすくなります。

©表参道まぶたケア研究室
実際、「運動不足を解消して三重まぶたが治った!」というお声を頂いているので、騙されたと思って運動してみる価値はあります!

以下、三重まぶたさん向けに「運動の効果」と「オススメの運動」について詳しく解説しますね(^^)

三重まぶたに!【運動の効果】

なぜ、運動すると三重まぶたが治りやすくなるのでしょうか?

大きな理由としては、運動すると全身の血液とリンパの流れが良くなるので、目元の代謝機能もグンと高まるからです。

もちろん、目元のトレーニングも効果的ですが、全身の運動を行うことで、目元の代謝を根本から底上げすることができます。

定期的に体を動かすと、徐々に筋肉量が増えるだけでなく、心臓のポンプ機能も高まるので、体のすみずみにまで血液(栄養と酸素)が行き渡りやすくなります。また、リンパの流れも促進されるので、溜まった水分や老廃物がスムーズに回収されて、目元の「健康状態」が良くなります。

結果として、三重まぶたが解消されやすくなるのです。

 

また、「運動習慣はコラーゲンを増加させる」という研究結果も出ています。

運動をすることでもコラーゲンの合成能力を高めることが知られています。運動によって多くの酸素を取り込んで血流が良くなるとコラーゲンを作っている線維芽細胞が活性化し、より多くのコラーゲンを生成するようになります。

引用元:All About 健康・医療『適度な運動が体内コラーゲンを増やす!』

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を行うと、体を動かしながら深い呼吸を行うので、血液中の酸素が細胞を活性化して線維芽細胞の働きが活発になります。

線維芽細胞は、コラーゲンを生み出す重要な細胞です。運動によりこの細胞が活発になると、コラーゲンの生成力が高まって肌にハリが出てきます。

コラーゲンの増加は、目元の「たるみ」や「くぼみ」の改善に繋がるので、三重まぶたも元の二重に戻りやすくなるのです。

運動の効果

  • 全身の血液とリンパの流れが良くなる!
    ⇒溜まった水分や老廃物をスムーズに回収し、必要な栄養を届けやすくなる。
  • 線維芽細胞が活性化する!
    ⇒肌のコラーゲンとエラスチンが生成されやすくなり、「たるみ」や「くぼみ」を改善できる。

結果として、三重まぶたが元の二重まぶたに戻りやすくなる。

©表参道まぶたケア研究室
さらに、運動を習慣にすると血管が太くなり、毛細血管の数も増えます!

目元の代謝が良くなるので、三重まぶたが治りやすくなるだけでなく、アンチエイジング効果も期待できますよ(^^)

三重まぶたにオススメの運動

三重まぶたにオススメの運動は、「適度な有酸素運動」「筋肉トレーニング」「ストレッチ」をセットで行うことです。

「有酸素運動」は、ウォーキングやジョギングなどの軽めの運動がオススメです。ウォーキングやジョギングは、ゆっくりしたペースで酸素を取り入れながら体を動かすので、血中の酸素が細胞を活性化して、肌の線維芽細胞の働きを活発にしてくれます(コラーゲン増加!)。

また、有酸素運動は心臓のポンプ機能を高め、血管を太くし毛細血管の数を増やしてくれるので、血液とリンパの流れがスムーズになります(代謝向上!)。

©表参道まぶたケア研究室
有酸素運動を行うことで、溜まった老廃物が排出され、肌のハリも改善されるので、三重まぶたが治りやすくなります。

また、体に負荷をかける「筋肉トレーニング」も、三重まぶたの解消に効果的です。

全身の筋肉量が増えると、血液のポンプ機能が高まって血液循環が改善されるので、まぶたの皮膚の末端にまで必要な栄養と酸素が届きやすくなります。さらに、筋肉が増えるとリンパの流れも改善されるので、溜まった老廃物もスムーズに回収されて、目元をスッキリ健康的に保つことができます。

適度に筋肉をつけることは、リンパの流れをよくするために、とてもいいことです。

引用元:カルド成田『リンパ~筋トレとリンパの関係~』

また、「筋トレ」で体に一定の負荷をかけると、睡眠中に成長ホルモンの分泌が促されるので、コラーゲンの合成が活発になります。とくに太ももなどの大きな筋肉を使うと、就寝中に多くの成長ホルモンが分泌されて、コラーゲンの合成に好ましい影響を与えます。

©表参道まぶたケア研究室
スクワットは家で簡単にできるので、オススメですよ☆

そして、筋トレだけでなく「ストレッチ」を行うと筋肉が柔らかくなり、全身の血液循環がさらに向上します。

筋肉が硬いと血の巡りが悪くなり、体にさまざまなトラブルが生じやすくなるので、ストレッチを習慣にして筋肉を柔らかくしましょう。筋肉が柔らかくなれば、全身の血行が良くなり、三重まぶたなどのトラブルが治りやすくなります。

オススメ

短時間で"運動の効果"を最大限に引き出すには、「高強度インターバルトレーニング」がオススメです。

高強度インターバルトレーニングとは、例えば「20秒全力で動いて10秒間休む」を4分ほど繰り返し行う運動です。

短時間で大きな運動効果を引き出せるので、忙しい方にはとてもオススメです(自宅で行えます!)。

「HIIT」や「タバタ式」のトレーニングが有名なので、興味がある方はネットや本で詳しく調べてみましょう。

 

以上、「三重まぶたを治すのに運動が効果的!」...という話題でした。

 

ちなみに、当サイト(運営:表参道まぶたケア研究室)では、「三重まぶたを治す方法」という専門カテゴリーをつくって、三重まぶたに効く様々なノウハウを紹介しています。

©表参道まぶたケア研究室
当サイトの方法で「三重まぶたが治った!」という嬉しいお声を頂いているので、ぜひ他のページもご覧になってみてくださいね!

 

▼ オススメ記事

片目の三重まぶたの原因と治し方はこちら
片目の三重まぶたが治った! 二重に戻す方法が好評です。

三重まぶたを治す方法は、大きく分けて6つあります
三重まぶたを治す方法! 芸能人もやる裏技【6つ】

 

カテゴリーや関連記事は、このまま下へスクロールしてクリック!

参考文献:

  1. All About 健康・医療『適度な運動が体内コラーゲンを増やす!』西村 典子
  2. カルド成田『リンパ~筋トレとリンパの関係~』
  3. 奥村裕,江口輝行, 龜井亮良, 高橋秀典『運動後の自律神経活動と心理的効果』保健医療学雑誌(保健医療学学会編集・発行), 2017

この記事を書いている人

日本化粧品検定1級保持
\ 美容研究家 監修 /

OMOTE SANDO EYELID CARE LABORATORY©
火・水・木・金・土 10:00~19:00
*新メンバー・研究員募集*

\ メディア掲載実績 /
@cosme・Yahoo!知恵袋など多数

-三重まぶたを治す方法

Copyright© 表参道まぶたケア研究室 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.