まぶたケアとアイクリームの研究室

表参道まぶたケア研究室

【9月】伸びたまぶたセミナー【表参道】

三重まぶたを治す方法

【三重まぶた予防法】この方法で三重まぶたを防止!

更新日:

最近、三重まぶたになりやすくなった...!?

最近、三重まぶたになりやすくなって悩んでいませんか?

もともと綺麗な二重の人でも、日々の忙しい生活で疲れがなかなか取れないと、三重まぶたが生じやすくなります。

©表参道まぶたケア研究室
とくに現代は、スマホやパソコンで目を酷使する機会が多いので、目元の疲れがたまって三重まぶたが発生するケースが多いです...。

また、三重まぶたは「老化の影響」も大きく、年齢を重ねるごとに本来の二重が乱れて三重(みえ)になる割合が増えていきます。

©表参道まぶたケア研究室
とくに夕方、毎日のように三重まぶたになるという方は、単に「疲れ」だけでなく、「老化」の影響も疑った方がいいでしょう。

三重まぶたは「予防」が重要!

三重まぶたになると顔の印象が大きく変わってしまいますし、なんだか眠そうに見られてしまうので、早く解消したいものですよね...(^^;

たしかに、三重まぶたの治し方も大切なんですが・・
そもそも三重まぶたが発生しないように「予防」することの方が重要です!

©表参道まぶたケア研究室
効果的に三重まぶたを防止できたら、治すのに苦労しませんからね。。

そこで今回のこのページでは、「三重まぶたの予防法」に焦点をあてて詳しく解説しようと思います。

まずは「三重まぶたを防止するのに大切なこと」について解説し、その上で「三重まぶたを予防する具体策」を紹介しますね。

©表参道まぶたケア研究室
【追記】2019/3/6
「このページの方法で三重まぶたになりにくくなった!」と嬉しいお声を頂きました(^^♪

あなたも是非、実践してみてくださいね。

-三重まぶたを治す方法

三重まぶたを防止するのに大切なこと

三重まぶたを防止するのに大切なポイントは、次の3つです。

  1. 血液とリンパの流れを促進する
  2. 目の上の「くぼみ」を改善する
  3. 皮膚のハリと柔軟性をアップする
©表参道まぶたケア研究室
以下、一つ一つ順に詳しく解説していきますね(^^)

血液とリンパの流れを促進する

血液とリンパの流れが悪くなると、まぶたの代謝が悪化して三重まぶたが現れやすくなります。

血液循環が悪いと、まぶたに必要な栄養と酸素が行き渡りにくくなりますし、リンパの流れが滞ると、余計な水分や老廃物が溜まって「むくみ」が生じやすくなります。

このように代謝不良で「むくみ」が生じると、本来の二重に新たなラインが形成されて「三重まぶた」の発生に繋がります。

 

そこで、三重まぶたの予防には、滞った血液とリンパの流れを促進することが重要です。

血液とリンパの流れが改善されると、まぶたの皮膚の末端にまで必要な栄養と酸素が行き渡り、また溜まった水分や老廃物もスムーズに回収されます。

結果として、むくんだ瞼がスッキリ引き締まり、まぶたの調子が良くなるので、三重まぶたを効果的に予防(改善)できるのです。

このように目元の代謝を良くすることは三重まぶたの予防に効果的ですが、ポイントは、目元だけでなく全身の血液とリンパの流れを改善(底上げ)することです!

©表参道まぶたケア研究室
まずは、この点を頭に入れておいてください。

詳しい具体策は後述しますね(^^)

目の上の「くぼみ」を改善する

三重まぶたは、目の上に「くぼみ」ができると発生しやすくなります。

年齢とともに目の上は少しずつくぼんでくるのですが、加齢で「くぼみ」が進行すると、本来の二重が乱れて三重まぶたに変化することが多くなります。

目の上の筋肉も、年齢が上がるにつれて衰えてくるので、「筋肉の萎縮」で本来のハリが失われると「くぼみ」が生じ、三重まぶたの発生に繋がります。

また、肌のコラーゲンの減少や、栄養不良(代謝不良)も「くぼみ」を引き起こす原因になり、三重まぶたなどのトラブルを誘発します。

 

そこで、目の上の「くぼみ」を改善するのも、三重まぶたの予防(改善)にとても効果的です。

(加齢により萎縮した)目の上に本来の"ふっくらとしたハリ"を取り戻すと、上まぶたの調子が良くなり、三重まぶたを防止することができますよ。

©表参道まぶたケア研究室
生活習慣の影響でも、目の上はくぼんでしまうので、しっかり対策しましょう。

具体的な改善策は後述するので要チェック!(^^)

皮膚のハリと柔軟性をアップする

年齢とともに皮膚のハリが低下して、まぶたに「たるみ」が生じてくると三重まぶたが現れやすくなります。

「乾燥」や「紫外線」の影響はもちろん、目元はクレンジングなどで「こする」ことも多いので、ダメージが蓄積して皮膚のたるみが進行しやすいです。

まだ若くても、要注意。

肌のコラーゲンは平均して20歳ごろをピークに減少していきますし、女性の場合、アイメイクやクレンジングなどのダメージも大きいので、20代でも「たるみ」の進行が見られます。

さらに、「たるみ」の進行とともに、「皮膚の柔軟性」も失われている点に注目です。皮膚のハリが低下すると、本来の"しなやかさ"も低下するので、二重が乱れて三重(みえ)に変化しやすくなってしまいます。

 

そこで、皮膚のハリと柔軟性をアップするのが「三重まぶた対策」として重要です。

たるんだ瞼にハリを出して、本来の"しなやかさ"を取り戻すことで、三重まぶたを効果的に防ぐことができますよ。

©表参道まぶたケア研究室
単に表面的にハリを出すだけでなく、しっかり内側から「弾力」を取り戻すことが重要です!

詳しい対策は後ほど解説しますね(^^)

三重まぶたを予防する具体策

では、以上のポイントを踏まえて、三重まぶたを予防する具体策を紹介していきますね。

以下で紹介する予防策は、実際に三重まぶたさんに直接、いつもアドバイスしていることですし、皆さんから「ちゃんと効果があった(三重になりにくくなった♪)」と嬉しいご報告を頂いております。

日頃、意識することで簡単にできることも多いので、このページを読み終わったら、さっそく今日から実践していきましょう。

以下の予防策を(一日だけでなく)継続して行うことで、長期的にも「三重まぶたを防止する体質」をつくることができますよ。

©表参道まぶたケア研究室
とくに年齢を重ねても「綺麗な二重をキープしたい」という方は、要チェックの内容です!

寝る時間に注意!

まずは寝る時間の注意点。

寝る時間が遅く睡眠時間が短いと、お肌の新陳代謝に重要な「成長ホルモン」が十分に分泌されません。また、寝不足だと血液とリンパの流れも悪くなるので、日中まぶたの調子が悪くなり、三重まぶたの発生に繋がります。

©表参道まぶたケア研究室
寝不足だと三重まぶたになりやすいので要注意!

最も理想的なのは、睡眠のゴールデンタイムと言われる「22:00~2:00」の間にちゃんと眠って、朝の5~6時に陽の光とともに起床することです。

とはいっても、夜の10時に寝るのは現実的ではないという女性も多いと思います。そんな方は日中、ちゃんと陽の光を浴びて適度な運動を行い、夜は寝る前に湯船で体の芯までしっかり温めることを心がけましょう。

日中(とくに午前中)、陽の光を浴びることで、夜に「メラトニン(睡眠ホルモン)」が十分に分泌されて深い眠りが得られやすくなります。また、適度な運動を行うと「セロトニン(幸福ホルモン)」が分泌されて、それにより睡眠時には「メラトニン(睡眠ホルモン)」が活発になるので、熟睡しやすくなります。

©表参道まぶたケア研究室
運動はウォーキング・ストレッチ・筋トレなどをリズミカルに行うのがオススメです。

(*リズム運動はセロトニンの分泌を促します。)

すると、睡眠時に「成長ホルモン」がたくさん分泌され、肌の新陳代謝が活発になるので、まぶたの調子が良くなります。十分な睡眠をとることで、血液とリンパの流れも良好に保てるので、綺麗な二重まぶたをキープしやすくなりますよ。

©表参道まぶたケア研究室
「成長ホルモン」は子供の頃だけでなく、大人になってからも出ます!

むしろ、年齢を重ねてから、美容と健康のため「成長ホルモン」をガンガン出しましょう。笑

そのための簡単な方法は・・

  1. 睡眠時間に気をつける
  2. 日中(とくに午前中)日光を浴びる
  3. 適度な運動を行う

以上3つを心がけてください!

理想の睡眠時間は?

ちなみに、理想の睡眠時間は「6~8時間」。

逆に、(9時間以上)寝すぎると顔がむくんで、寝起きに三重まぶたができやすいので注意してください。

寝る前の対策

寝る前の対策としては、まずはお風呂でしっかり温まることが大切です。

しっかり湯船につかって温まることで、滞った血液とリンパの流れを改善できますし、寝るときにスムーズに入眠して深い眠りを得ることができます。

©表参道まぶたケア研究室
入浴してから90分後に就寝すると、徐々に体が冷えてきてスムーズに快眠に導かれますよ。

また、入浴中や入浴後にオススメなのは、まぶたの運動(三重まぶた専用トレーニング)を行うことです。

三重まぶた専用トレーニングとは?

三重まぶた専用トレーニングとは、目の上の筋肉を意識しながら、目をギュッと閉じて力を入れたり、緩めたりする簡単トレーニングです。

具体的な方法は・・
目の上の筋肉を意識しながら、目をギューッと3秒強く閉じます。今度は、(まぶたを閉じたまま)力を緩め、1、2秒休みます。

この流れを5~10回ほど繰り返してください。

もう一つの方法は・・
同じように目の上の筋肉を意識しながら、目をギューッと3秒強く閉じます。今度は、目をパッと大きく見開いて1、2秒キープします。

この流れを5~10回ほど繰り返しましょう。

このまぶたの運動(三重まぶた専用トレーニング)を行うと、凝り固まった筋肉をほぐして血液とリンパの流れを効果的に促進することができます。また、トレーニングを習慣的に行うと、徐々に目の上の筋肉がついてきて「くぼみ」や「たるみ」の改善に役立ちます。

結果として、三重まぶたの予防して綺麗な二重をキープできますので、入浴中や入浴後に習慣的に行うのがオススメです。

「三重まぶた専用トレーニング」については前回の記事で詳しく解説しましたので、三重まぶた対策に興味がある方は、是非こちらのページもご覧になってみてください。
三重まぶたには筋肉の運動が効く! 詳しいトレーニング法はこちらです。

寝る前に、蒸しタオルやホットアイマスクもオススメです!

三重まぶたを治すのに「蒸しタオル」や「ホットアイマスク」を使うのは定番ではありますが、翌日の三重まぶたを予防するために、寝る前に活用するのもオススメです。

蒸しタオルやホットアイマスクは、「熱」と「蒸気」の力で目元をじっくりと温められるので、滞った血液とリンパの流れを促進して、溜まった水分や老廃物をスッキリ流すことができます。

すると、寝ている間も目元の代謝が良くなるので、朝起きたときに「むくみ」が出にくく、寝起きの三重まぶたを効果的に予防することができますよ。

そして、蒸しタオルやホットアイマスクのケアを習慣化すれば、目元をスッキリ健康的に保つことができるので、三重まぶたなどのトラブルが生じにくくなります。

蒸しタオルは自宅で簡単に作れますし、ホットアイマスクはどこのドラッグストアにも置いているので、やるかやらないかは「あなた次第」。寝る前に目元を温めると、心もすっきりリフレッシュできるので、ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか?

三重まぶた用に「蒸しタオルの作り方・使い方」、さらに「おすすめのホットアイマスク」については、こちらのページで詳しく紹介していますので、良かったらご覧ください(^^)
三重まぶたには蒸しタオルやホットアイマスクが効く!

©表参道まぶたケア研究室
蒸しタオルは「電子レンジで作る方法」と「お湯で作る方法」があります。

そして、ホットアイマスクは「使い捨てタイプ」だけでなく、「何度も繰り返し使える、お得なタイプ」も紹介していますよ!

マッサージやストレッチで肩や首のこりをほぐす

肩や首が凝っていると、顔や目元に「むくみ」が出やすく、結果として三重まぶたが生じやすくなります。

ですから、寝る前に肩や首のマッサージやストレッチをして「こり」をほぐすのがオススメです。

肩や首の「こり」がほぐれると、顔や目元に溜まった水分や老廃物をスムーズに排出しやすくなり、三重まぶたの発生を防止できます。

©表参道まぶたケア研究室
習慣的にマッサージやストレッチを行うのがオススメですよ☆

私もやってます!(^^)

お酒を飲み過ぎない!でも、飲み過ぎたときは・・?

夜にお酒を飲み過ぎると、翌朝、顔がむくんで三重まぶたが現れやすくなります。

もちろん、アルコールの摂り過ぎは良くありませんが、ときには飲み過ぎることもあるでしょう。

そんなときの「三重まぶた予防法」としては・・
まず、飲む前に水分を摂取しておくことが大切です。

たしかに、喉が渇いた状態でのビールは「最高♪」かもしれませんが、三重まぶたを予防する観点では、あまりオススメできません。

アルコールを分解するには多量の水分が必要なので、事前に水を飲んでおくのが「三重まぶた防止」に効果的なのです。

ですから、飲み会などで「今日はたくさん飲む♪」というときには、事前にコップ1杯の水(200ml)を飲んでおくのがオススメです。

そして、お酒を飲む時には、一度に大量に飲むのではなく、なるべくチビチビ少しずつ飲むのが理想的です。

一度に大量に飲むと、かえって脱水症状に陥り、さらに水分(お酒)を欲してついつい飲み過ぎてしまいます。

結果として、目元の「むくみ」や「三重まぶた」に繋がるので、お酒は少しずつ(ときどき水を飲みながら)飲むのが理想と言えます。

さらに注意すべきは「塩分摂取」です。

お酒に合うおつまみには塩分が濃いものが多いですが、塩分は水分をため込みやすいですし、喉が渇いてさらにお酒が欲しくなります。その結果、目元に「むくみ」や「三重まぶた」を引き起こすので、塩分は控えめな低カロリーなものを選ぶといいでしょう。

そして、飲んだ後はしっかりお風呂に入って、適度に汗を流すのがオススメです。さらに、蒸しタオルやホットアイマスクを活用したり、まぶたのトレーニング、顔のリンパマッサージ、肩や首のマッサージやストレッチを行いましょう。

©表参道まぶたケア研究室
こうして血行やリンパの流れを良くすると、「むくみ」や「三重まぶた」を予防できます!

寝る体勢に注意して、寝起きの三重まぶたを防ぐ!

寝起きの三重まぶた予防には、寝るときの体勢にも注意したいものです。

うつ伏せで寝ると、顔に水分が溜まって「むくみ」が出やすいので、仰向けで寝るのが理想と言えます。

さらに、「今日はちょっと飲み過ぎたな・・」というときは、枕を高くして仰向けで寝るのがオススメです。

枕を高くすることで、顔に水分が溜まりにくくなるので、寝起きの「むくみ」や「三重まぶた」を予防できますよ。

*寝起きの三重まぶた対策には、こちらのページもオススメです。
寝起きの三重まぶたは寝すぎ?寝不足?| 何とかしたい!

寝起きや日中の予防法

寝起きや日中にも・・

  • まぶたの運動(三重まぶた専用トレーニング)
  • 蒸しタオルやホットアイマスクのケア

を行うと、三重まぶたを効果的に予防できます。

まぶたの運動(三重まぶた専用トレーニング)については先ほどお話しましたが、目をギュッと閉じてチカラを入れたり緩めたりするトレーニングです。

詳しい方法はこちらのページをご覧ください。
三重まぶたには筋肉の運動が効く! 詳しいトレーニング法はこちらです。

朝起きた時や目元が疲れてきたときに、上記リンク先で紹介している「まぶたの運動(三重まぶた専用トレーニング)」を行うことで、血液やリンパの流れを促進して、三重まぶたを効果的に防止できます。

©表参道まぶたケア研究室
綺麗な二重まぶたをキープするには、目元の筋肉を意識的に動かして"ほぐしてやる"のが重要です!

さらに、寝起きに「蒸しタオル」や「ホットアイマスク」を活用するのがオススメです。

朝出かける前(メイク前)に「蒸しタオル」や「ホットアイマスク」でケアしておけば、日中、疲れが溜まってきても、綺麗な二重を保ちやすくなります。

三重まぶたにオススメの「ホットアイマスク」や「蒸しタオル(作り方・使い方)」については、こちらのページをご覧ください。
三重まぶた用「蒸しタオル」と「ホットアイマスク」について詳しく解説!

三重まぶた予防には、体を動かそう!

最近、体を動かしていますか?

運動不足だと、全身の血流とリンパの流れが悪化して、三重まぶたが現れやすくなります。

たしかに、「まぶたの運動(三重まぶた専用トレーニング)」を行えば、目の周りの血液とリンパの流れを促進できますが、運動不足のままでは、その効果は半減してしまいます。

そこで、積極的に体を動かして、全身の血液とリンパの流れを改善することが大切です。全身の血液とリンパの流れが良くなれば、目元の代謝機能も高まるので、三重まぶたの防止に運動はとてもオススメです。

運動の方法は・・
軽いジョギングやウォーキングなどの「有酸素運動」「筋肉トレーニング」「ストレッチ」をセットで行うのが理想です。

「有酸素運動」は、全身の血液とリンパの流れを促進するだけでなく、なんと"肌のコラーゲン生成"も活発にしてくれるんです!

©表参道まぶたケア研究室
運動不足の方は、まずはウォーキングから始めましょう。

そして「筋肉トレーニング」は、実は女性の方にこそ行ってほしい運動です。女性は男性に比べて筋肉量が少なく、冷え性で三重まぶたになることも多いので、筋トレをして血液のポンプ機能を高めましょう。

©表参道まぶたケア研究室
軽いスクワットは血行促進にいいですし、家でも続けやすいのでオススメ☆

「ストレッチ」は、凝り固まった筋肉をほぐして血液循環を促進できるので、三重まぶたの予防に(寝る前などに)ぜひ習慣にしてください。

 

三重まぶた対策に「運動の重要性」については、こちらのページで詳しく解説しているのでぜひご覧になってみてくださいね(^^)
三重まぶたには筋肉の運動が効く! 詳しいトレーニング法はこちらです。

*「まぶたの運動」と「全身の運動」について、三重まぶたへの効能を詳しく解説しています。

毎日の習慣で三重まぶたを予防!

目の上の「くぼみ」や「たるみ」を改善するには、まぶたの運動(三重まぶた専用トレーニング)を毎日の習慣にするのがオススメです。

目の上の筋肉を意識的に動かすことで、徐々に筋力アップして"ふっくらとしたハリ"が出てくるので、目の上の「くぼみ」や「たるみ」が改善されていきます。

それによって、まぶたの調子が良くなり、二重の乱れを防止できるので、三重まぶたの予防に「まぶたの筋力アップ」は重要です。

さらに、まぶたの筋肉を動かすだけでなく、全身の運動を行うことで、目元の代謝が良くなるので、皮膚にハリが出て柔軟性も高まります。

それによって、三重まぶたを防止して綺麗な二重をキープできるので、ぜひ体全体の運動も習慣にしてください。

©表参道まぶたケア研究室
運動は、コラーゲンを生成する「線維芽細胞」を活性化してくれます!

そのうえで、アイクリームを活用するのがオススメです。

まぶたに弾力を補って、"しなやかなハリ"を与えるアイクリームを活用しましょう。

三重まぶたの予防には、まぶたが十分な伸縮性をもって、しなやかに二重に折り重なることが重要です。

 

以上、「三重まぶたの防ぐ方法」についてのお話でした!

©表参道まぶたケア研究室
当サイトでは、「三重まぶたを治す方法」という専門カテゴリーをつくって、綺麗な二重を作るための様々な方法をまとめています。

なので、「三重まぶた」で悩んでいる方は、ぜひ他のページもご覧になってみてくださいね!

この記事を書いている人

日本化粧品検定1級保持
\ 美容研究家 監修 /

OMOTE SANDO EYELID CARE LABORATORY©
火・水・木・金・土 10:00~19:00
*新メンバー・研究員募集*

\ メディア掲載実績 /
@cosme・Yahoo!知恵袋など多数

-三重まぶたを治す方法

Copyright© 表参道まぶたケア研究室 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.