まぶたケアとアイクリームの研究室

表参道まぶたケア研究室

【9月】伸びたまぶたセミナー【表参道】

三重まぶたを治す方法

三重まぶたは遺伝?生まれつき?赤ちゃんからまぶたはどう変わる?

更新日:

三重まぶた 遺伝 生まれつき

素朴な疑問を解消しよう!

あなたは、生まれつき三重まぶたでしょうか?それとも、年齢を重ねて三重まぶたになったのでしょうか?

実は、生まれたとき(新生児の頃)は、ほとんどの赤ちゃんが一重まぶたです。そこから二重になったり、三重になったり変化していきます。

では、両親からの"遺伝的な影響"はと言いますと・・
一重になるか二重になるかは「遺伝の影響」が大きいですが、三重になるかどうかは「遺伝の影響」は小さいと考えられます。

ただし、三重まぶたに「遺伝の影響」が全くないわけではありません。誰しも両親のまぶたの特徴を少なからず兼ね備えているので、結果として「三重まぶたになりやすい体質」というものがあります。

生まれつきどんな体質だと三重まぶたになりやすいのか?
今回このページでは、三重まぶたの遺伝的な影響について、詳しく掘り下げて解説しようと思います。

©表参道まぶたケア研究室
「両親は一重や二重なのになぜ?」と疑問に思っている方は、このページで素朴な疑問をスッキリ解消しましょう。

赤ちゃんからまぶたはどう変わるのか注目です!

関連するページ

-三重まぶたを治す方法

三重まぶたは遺伝?生まれつき?赤ちゃんからのまぶたの遷移

三重まぶたの「遺伝や生まれつきの影響」について詳しく解説します。

なぜ、両親は一重や二重なのに自分だけ三重まぶたになったのでしょうか?

©表参道まぶたケア研究室
赤ちゃんからのまぶたの遷移に注目です!

両親は一重や二重なのになぜ?

あなたの両親は一重でしょうか?それとも二重でしょうか?

両親は一重や二重なのに「私だけ三重まぶた」というケースは珍しくありません。むしろ、それが一般的と言えます。

というのは、一重になるか二重になるかは「遺伝の影響」が大きいですが、三重まぶたの場合、そもそも原型が二重だからです。

原型の二重にラインが増えて、元の二重まぶたから"進化"するような形で、三重まぶたは発生します。

ですから、「自分は生まれつき三重まぶただ」と思っている方も、実は赤ちゃんの頃は二重だったケースが圧倒的に多いのです。

さらに厳密にいえば、生まれたての新生児のころはほとんど一重まぶたです。そこから一重に止まるか二重に変化するか、さらに三重に"進化"するかに分かれていきます。

▼(参考)赤ちゃんのまぶたは二重になったり三重になったり変わりやすい・・。たまたま撮られた一枚の写真が「三重まぶた」のケースもある。

進化といえば、さあやの目が、左目が三重になっていて気になっていたのですが、
ついに先日から右目も三重になり、なんだか、両目ともその3つ目のラインが
くっきりしてきており、さらにはっきりとした二重に進化し始めた模様。

最初は、湿疹がまぶたに出来たから、三重になっちゃったのだと思っていました。
こうやって進化して、顔って変わってゆくのかしら?

出典:みつけたことたち
『まぶた進化論』より引用

本日のお昼寝シーン( ´艸`)

三重まぶたになってますよ

(中略)

寝起きの麦茶♫

出典:ダーリンはロシア人
『三重まぶた』より引用

遺伝の影響を大きく受けるのは、(赤ちゃんのころ)「一重に止まるか二重に変化するか」です。さらにそこから「三重に"進化"する」かどうかは他の様々な影響が考えられ、(一重や二重に比べて)「遺伝子レベル」からの直接的な影響は少ないと考えられます。

三重まぶたの遺伝や生まれつきの影響

ただし、「遺伝や生まれつきの影響」が全くないわけではありません。

両親の体質やまぶたの特徴によって、三重まぶたになりやすいか否かが変わってきます(もちろん祖父母からの影響も受けます)。

たとえば、次のような体質や特徴があると、三重まぶたが現れやすい傾向があります。

  • まぶたが薄い
  • 目元がスッキリしている
  • くぼみ目
  • 痩せ型
  • 筋肉が少ない
  • 脂肪が少ない

もともと二重の遺伝子を受けついだ人は、(一重の人より)生まれつきまぶたが薄いことが多いです。そして、まぶたが薄ければ薄いほど、本来の二重のラインが乱れやすく、三重まぶたに変化しやすい傾向があります。

また、遺伝的にまぶたの原型が二重の人は、(一重の人より)目の周りに脂肪分が少なく、目元がスッキリしているケースが多いです。このように、生まれつき目元がスッキリしていると、成長とともに体質が変化した時に、元の二重が乱れて三重まぶたに変化することが多くなります。

さらに、両親や祖父母に「くぼみ目」の人がいると、子供も成長とともに目のくぼみが深くなる傾向があり、その変化によって三重まぶたが現れやすくなります。

とくに、体形が「痩せ型」で、目の周りに「脂肪」や「筋肉」が少ないと、年齢とともに目元がくぼみがちになり、まぶたが三重になる割合が増えていきます。

また、痩せ型で全身の筋肉量が少ないと、血行不良でまぶたに「むくみ」が生じたり本来の柔軟性が失われたりして、三重まぶたの発生に繋がります。

©表参道まぶたケア研究室
このように、生まれつきの体質によって「三重まぶた」になりやすいか否かは変わってきます。

赤ちゃんからのまぶたの遷移

先ほども言いましたが、生まれたての赤ちゃん(新生児)はほとんどが一重まぶたです。まれに二重がぱっちりした赤ちゃん(新生児)もいますが、ふつうは生後3カ月~1歳くらいに一重から二重まぶたに変化するケースが多いです。

赤ちゃんが二重まぶたになる最初の時期は、運動量が増えたり、表情が豊かになったりする、生後3ヶ月~1歳くらいが多いようです。

引用元:こそだてハック
『赤ちゃんの一重は二重になる?一重・奥二重からいつ変わる?』
監修医師 小児科 武井 智昭

赤ちゃんのとき一重から二重に変化するのは「遺伝の影響」が大きいです。もともと二重の遺伝子をもっていれば、成長とともに二重に変化していきますが、そうでなければ一重にとどまります。

一方、二重から三重にまで"進化"するかどうかは、(一重や二重に比べて)「遺伝の影響」は少ないと考えられます。

なぜなら、生物としての"人類"を遺伝的に見て、「一重まぶた」と「二重まぶた」が現れる必然性は認められますが、「三重まぶた」が現れる必然性は基本的に認められないからです。

このことを理解してもらうには、人類の「まぶたの歴史」を知っておく必要があります。

もともと人類の祖先は皆「二重まぶた」で、そこから進化するという形で「一重まぶた」が生まれたのです。

人類の祖先は二重まぶた!?

450万年前、アフリカで誕生した人類の祖先は皆「二重まぶた」でした。

ところが、人類の一部はアフリカを離れ、東南アジアやアジア大陸、さらにはシベリアの寒冷地まで移動する過程で、寒さから目を守るために脂肪を増やし、「一重まぶた」になったのです。

そうして「一重まぶた」になった人類は、今度は寒さを逃れるために南下して、中国や韓国、さらに日本などの地域に定住することになりました。ですから、これらの地域に「一重まぶた」の人が多いのです。

このように、もともと「一重まぶた」は、寒さ対策として「二重まぶた」から進化したのです。つまり、生物的に"必要性"があって「一重まぶた」は誕生したというわけです。

それに対して、「三重まぶた」は、以上のような生物としての"必要性"は特にありません。「一重まぶた」のように環境に適応すべく進化したというよりは、原型の「二重まぶた」が乱れて「三重まぶた」になったと考えるのが適切です。

つまり、人類の長い歴史から見て、遺伝的に「一重まぶた」と「二重まぶた」になる必然性は認められますが、遺伝的に「三重まぶた」になる必然性はとくに認められないのです。

©表参道まぶたケア研究室
人類は遺伝的に「一重まぶた」か「二重まぶた」になろうとする指向性を持ちます。

一方、「三重まぶた」は二重まぶたを原型としながらも、結果としてラインが3本できた"特殊形"と考えることができます。

イメージとしては・・

遺伝的に「一重二重三重」という3パターンの区切りではなく、「一重二重(三重)」...このようなイメージです。

一重になるか二重になるかは、遺伝的に「両親・祖父母」の影響を強く受けますが、三重になるか否かは直接的な遺伝の影響は少ないと考えられます(両親や祖父母に「三重まぶた」がいなくても発生します)。

ほんとに生まれつき三重まぶた?

自分は「生まれつき三重まぶた」と思っている方も、実はもともと二重まぶたで、ある時から三重に変化したケースが多いです。

まぶたはとても繊細な部位なので、体の活動や外的ダメージの影響で少しづつ変化していきます。

©表参道まぶたケア研究室
とくに老化が早い年齢から起こりやすく、その影響で三重まぶたになるケースが多いです。

実は、まぶたは子どものころから老化が始まり、少しずつ進行します。

引用元:一般社団法人松山市医師会HP

元々まぶたはデリケートなうえに、子供のころ無意識にこすったり引っ張ったりすることが多いので、早い年齢からダメージが蓄積しています。

結果として、10代・20代と年齢的にまだ若くても、本来の二重が乱れて三重まぶたに変化する可能性は多いにあります。

©表参道まぶたケア研究室
自分では「生まれつき三重まぶた」と思っていても、実は成長の過程で三重に変化していることが多いのです。

とくに女性の場合は、中学生や高校生からメイクを始める人が多いので、まぶたにダメージが蓄積して、若いうちから三重まぶたになるケースは珍しくありません。

なかでも、アイプチやアイテープを繰り返し使っていると、徐々にまぶたの皮膚が伸びてきて1本、2本と新たにラインが増えてしまいます。

参考
瞼が伸びたら三重に! 【理由と対策】
伸びた瞼が治った!元に戻す方法【8つ】

©表参道まぶたケア研究室
「アイプチのせいで三重まぶたになった」という悩みはとても多い!

刺激が強いメイクには十分、気をつけてください。クレンジングをする際も、ゴシゴシ強くこすり過ぎないように注意です!

このように、日々のダメージや体の変化の影響で、若いうちから三重まぶたが発生するのは実は珍しくありません。

そして、三重まぶたを元の二重に戻したいなら、できるだけ早めに対策することが重要です。私の友人も早めに対策することで元の綺麗な二重に戻ったので、あなたも諦めないで具体的な対策を実践しましょう。

 

当サイト(『表参道まぶたケア研究室』)では、「三重まぶたを治す方法」という専門カテゴリーをつくって、治し方を詳しく解説しています。なので、三重まぶたでお困りの方は、ぜひ他のページもチェックしてみてくださいね!

 

▼ オススメ記事

三重まぶたの改善にアイクリームを使う方はこちら
三重まぶたにおすすめ!アイクリームランキング【5選】

遺伝で生まれつきの三重まぶたでも、綺麗な二重になった事例があるので、諦めないでください。

上記リンク先のページで、ビフォーアフター写真と口コミが見れます!

 

三重まぶたが治らない理由をチェックする方はこちら
三重まぶたがずっと治らないのはなぜ?【6つの理由】

遺伝以外で三重になっているかもしれません。6つの理由をチェックして「正しい対策」を実践しましょう。

 

片目の三重まぶたが治った体験談(二重に戻す方法)はこちら
片目の三重まぶたが治った! 二重に戻す方法が好評です。

二重に戻った私の体験談と、具体的な治し方を紹介しています。

 

カテゴリーや関連記事は、このまま下へスクロールしてクリック!

参考文献:

  1. こそだてハック『赤ちゃんの一重は二重になる?一重・奥二重からいつ変わる?』監修医師 小児科 武井 智昭
  2. 一般社団法人松山市医師会『まぶたのダメージによる体調不良』

この記事を書いている人

日本化粧品検定1級保持
\ 美容研究家 監修 /

OMOTE SANDO EYELID CARE LABORATORY©
火・水・木・金・土 10:00~19:00
*新メンバー・研究員募集*

\ メディア掲載実績 /
@cosme・Yahoo!知恵袋など多数

-三重まぶたを治す方法

Copyright© 表参道まぶたケア研究室 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.