まぶたケアとアイクリームの研究室

表参道まぶたケア研究室

【10月】二重メイクセミナー【表参道】

目元のシワ対策

目元の真皮ジワの特徴と対策!効能認可クリームは必見!

更新日:

真皮のシワを何とかしたい!

目元の真皮ジワは、どうやって対策するの?」「いいアイクリームはあるの?」という質問を頂きました。

たしかに、乾燥ジワなら保湿クリームが有効ですが、真皮ジワとなると、ただ保湿するだけでは不十分——

とくに、目元はデリケートな部位なので、単に表皮ケアをするだけでなく、しっかり真皮までアプローチしたいものです

そこで、今回このページでは、目元に特化して「真皮ジワの対策法」をご紹介します。

ます、真皮ジワの特徴を解説し、それから効果的な予防・改善法を紹介していきます。

©表参道まぶたケア研究室
真皮ジワに「効能認可クリーム」もあるので、最後まで要チェックですよ!

目元の真皮ジワの特徴!

真皮のシワは、どうやって見分けるの?」「表皮のシワとどう違うの?」と質問を頂きました。

なので、具体的な対策の前に、目元の「真皮ジワの特徴」を簡単に解説しますね。

©表参道まぶたケア研究室
「表皮ジワ」と比較することで、「真皮ジワの特徴」がよく分かりますよ。

目元の「表皮ジワ」

「真皮ジワ」を理解するために、まずは目元の「表皮ジワ」の特徴を押さえておきましょう。

そもそも目元の皮膚は、上から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層構造。

いちばん表層に位置するのが「表皮」で、たった0.1~0.2mmほどしかありません(まぶたの表皮はたった0.1mm!)。

この表皮に、浅く細かくできるシワが「表皮ジワ」

主な原因は乾燥なので「乾燥小じわ」と呼ばれたり、織物のちりめんに似ていることから「ちりめんじわ」と呼ばれたりします。

表皮ジワは、年齢を問わず発生しますが、加齢が原因になることが多いです。

その理由は、年をとると肌の水分保持力が低下しますし、皮膚の柔軟性も低下するので、キメが乱れて線状の溝ができやすくなるからです

©表参道まぶたケア研究室
ストレスや紫外線、喫煙の影響も受けます。

表皮ジワは、皮膚が薄く、よく動かす部位にできるケースが多いです。

目の周りでは目尻にできることが多く、メイクがヨレる原因になります。

目元の表皮ジワの対策!

表皮ジワは「徹底した保湿ケア」「肌の保水力アップ」「低刺激の洗顔やクレンジング」で多くは改善します。

とくに目元は乾燥しやすいので、保湿ケアを徹底するのが最重要。ヒアルロン酸やセラミドを配合した美容液やアイクリームも効果的です。

また、目元はデリケートなので、刺激が強いアイメイクやクレンジングが表皮ジワの原因になることも多いです(洗浄力が強いクレンジングに要注意!)。

そこで、低刺激のメイクや泡洗顔、クレンジングを心がけて、余計な刺激を与えないことが大切です。

©表参道まぶたケア研究室
肌の「乾燥」と「刺激」に注意して、表皮ジワを改善していきましょう!

目元の「真皮ジワ」

「真皮ジワ」とは、深くて大きなシワのこと。

表皮の奥の「真皮層」まで、シワが深く刻まれるのが特徴です。

主な原因は、肌の弾力やハリの低下。
加齢や紫外線、外的ダメージの影響で、肌がたるむことで発生します。

©表参道まぶたケア研究室
別名「たるみじわ」や「大じわ」と呼ばれます。

とくに、皮膚の真皮層のコラーゲンやエラスチンの衰えが、「真皮ジワ」の大きな原因です

加齢や紫外線、外的ダメージにより、真皮層のコラーゲンやエラスチンが減少・変性すると、肌のハリや弾力が低下して「真皮ジワ」を引き起こします。

コラーゲンやエラスチンを生み出す「線維芽細胞」の働きは、加齢・紫外線・ダメージの影響で衰えます。

真皮ジワは皮膚のたるみがキッカケになるので、「目の下」など、比較的面積が大きい部位に生じることが多いです。

また、上まぶたに深いシワができると、それがキッカケで二重が崩れて「三重まぶた」になるケースもあります。

他に、目尻にも真皮性のシワは発生します。

真皮ジワは、保湿だけでは改善しません!

レチノール化粧品を使用したり、コラーゲン生成を促す「線維芽細胞」にアプローチする必要があります。

また、「真皮に働きかけるクリーム」も登場したので、後ほど詳しく解説しますね!

目元の「表皮ジワ」と「真皮ジワ」の見分け方

目元の「表皮ジワ」と「真皮ジワ」の見分け方を簡単にチェックしましょう。

「表皮ジワ」は浅いので、肌が水分で満たされている時や、指でシワを押し広げた時に消えるのが特徴です

たとえば、お風呂上りで肌が十分に潤っている状態や、指でシワを押し広げた状態でシワが無くなれば、まだ浅い「表皮ジワ」の段階です。

一方、「真皮ジワ」は"常にある"が特徴で、いくら水分を補っても、指で広げても消えません

お風呂上りに多少、シワが薄くなっても、線や溝が無くならなければ真皮性のシワです。

真皮ジワは、単に潤いを補うだけでは消せないなので、しっかり専用の対策することが重要。

©表参道まぶたケア研究室
真皮にアプローチするクリームもあるので、以下詳しく解説していきます。

なお、目尻にできる「カラスの足跡」のようなシワは、「表情ジワ」と「真皮ジワ」の中間のようなシワです。

若い頃は、笑ったときだけシワができますが、年をとると「真皮の弾力成分」が減少するので、徐々にシワが深く刻まれて戻らなくなります。

目元の真皮ジワの対策!

表皮のシワ改善は分かるけど、真皮のシワ対策は分からない...。

そんな悩みにお応えすべく、目元の「真皮ジワ対策」を具体的に解説していきます。

真皮のシワもセルフケアで対策できる時代になったので、ぜひ予防や改善にお役立てください。

©表参道まぶたケア研究室
まずは、真皮ジワに効能認可されたクリームから紹介します!

効能認可クリーム

他の真皮ジワ対策より、とにかく重要なのは「効能認可されたクリーム」を使うこと。

というのは、今の時代、真皮までアプローチできるクリームが販売されているからです。

効果としても、ちゃんと真皮のシワ改善*を謳っているクリームがあるので、詳しく紹介していきますね。

©表参道まぶたケア研究室
薬用で効能認可済みのクリームを選ぶと、効果を実感しやすいですよ。

薬用ターゲットショット

目元の真皮ジワ対策に、真っ先にオススメしたいのが『薬用ターゲットショット』

薬用ターゲットショットは、厚労省から「シワ改善の効果」が正式に認められたクリーム(医薬部外品)です

とくに注目に値するのは、「真皮のシワを改善する効果*」が正式に認められていること。

*抗シワ効能評価試験ガイドラインに基づくグレード3(明らかな浅いシワ)~5(やや深いシワ)のこと。以下同様。

真皮ジワの改善に「効能認可済」のクリームなので、浅いシワにとどまらず、やや深めのシワまで効果を出すことが可能なんです

たしかに、浅い「表皮ジワ」なら他のクリームでもOKですが、深めの「真皮ジワ」まで対策するとなると、こうした効能認可済のクリームを使うのがオススメですよ。

薬用ターゲットショットは、目元専用のアイクリームではありません。

目元以外にも、口元・ほうれい線・おでこの"シワ全般"に活用できます。

効能認可済なので、(目元を含めて)シワ全般の対策に心強いアイテムですよ☆

薬用ターゲットショットは効能認可済み。
「真皮ジワの対策」も出来るだけあって、著名な美容の専門家からも高く評価されています


美容家の田中愛さん


メイクアップアーティストの西村リサさん

肝心のシワ改善成分はというと・・
薬用有効成分ナイアシンアミドが「シワ改善効果*」と「美白効果*」をもたらす働きがあります。

*抗シワ効能評価試験ガイドラインに基づくグレード3(明らかな浅いシワ)~5(やや深いシワ)のこと。*メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ。

このナイアシンアミドは、コラーゲンの働きをサポートできるのが大きな特徴で、肌が折りたたまれた状態のシワを押し上げて改善できます

とくに真皮ジワは、真皮層のコラーゲンが衰えるのが大きな原因。コラーゲンが減少・変性・劣化することで、肌がたるんで深くシワが刻まれます。

その「真皮ジワの主原因」にアプローチできるのがナイアシンアミド真皮層の線維芽細胞にまで働きかけ、コラーゲンの産出を促します

この「コラーゲン生成のアプローチ」により、たるんで凹んだ肌にハリが出るので、真皮のシワ改善*が可能になるわけです。

©表参道まぶたケア研究室
コラーゲンを生み出す「線維芽細胞」に働きかけるのが肝ですね。

深くアプローチできるからこそ、正式に「真皮のシワ改善」の効能が認められています!

目の下・目尻・上まぶたなど、範囲が広いシワや細かな線のようなシワまで、根本的な「線維芽細胞のコラーゲン生成」というアプローチで改善できます

*抗シワ効能評価試験ガイドラインに基づくグレード3(明らかな浅いシワ)~5(やや深いシワ)のこと。

目元に美白効果も!

ナイアシンアミドは美白効果*があるのも特徴。メラニンの生成を抑えて、シミが肌表面に浮き上がるのをブロックします。

シミやそばかすを予防し、くすみがちな目元に"澄んだ明るさ"をもたらせます☆

*メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ。

さらに、エイジングケア成分でおなじみの「レチノール」「コラーゲン」も配合。

シワ改善には、先ほどのナイアシンアミドだけでも効果的ですが、さらに肌にハリを出すことで、エイジングケアの効果を後押ししていきます。

特筆すべきは、レチノール(ビタミンA油)が「カプセル化」して壊れにくくなっているところ

もともとレチノールは"壊れやすさ"が問題で、肌に届きにくいのが難点でした...。

それに対処すべく、レチノールを「大豆由来のカプセル」に包みこんで配合——

肌に触れた瞬間に溶け出す仕組みになっているので、レチノールをちゃんと肌に届けられます!

レチノール・コラーゲン・ビタミンCを「独自開発のカプセル化成分」にして、肌に届きやすい処方を実現しています。

最後に重要なのが、薬用有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」

この成分は抗炎症効果があるので、肌のコンディションを整えて、キメのある肌に導いてくれます

シワ対策といっても、前提として肌のコンディションが大切なので、抗炎症成分で肌状態を整えていきましょう。

とくに目元はデリケートなので、乾燥やダメージで肌状態が悪化しがち...。

角質の機能が低下すると、シワが硬くなって肌もザラついてきます。

シワを予防・改善するには、前提として「コンディションがいい肌」を作っておくことが重要ですよ。

そして、何と言っても嬉しいのが「無添加」なところ。

合成香料、合成着色料、鉱物油。アルコール不使用の「無添加」なので、デリケートな目元に◎

薬用ターゲットショットは、アイクリームではありませんが、目元用クリームとして効果的に「シワ改善」に使えます。

©表参道まぶたケア研究室
余計なものを配合しない無添加なので、薬用有効成分を「シワ改善」に効果的に働かせられます!

 

以上のように、薬用ターゲットショットは、まさに「目元の真皮ジワ」の改善に効果的に作られています。

実際、公式サイトでも「効果が現れやすい部位」として、"シワになりやすい目元・目尻"が一番に挙げられていますね

真皮ジワの対策には、巷のどんなクリームでもいいわけではないので、効能認可済のクリームを活用してみてはいかがでしょうか?

 

薬用ターゲットショットの使い方は、とっても簡単です。

使用のタイミングは、朝と夜の1日2回。
洗顔後に他の化粧品でケアした後、薬用ターゲットショットを塗るだけです。

©表参道まぶたケア研究室
化粧水・美容液・乳液・クリームを塗ってから、一番最後に塗りこみます。

アイクリームと同じく、チューブタイプなので指先に取りやすくて衛生的です。

小豆粒大を指先にとって、目頭から目尻へ(上まぶたも下まぶた)も優しく馴染ませていきます。

また、ほうれい線や口元、おでこ、眉間など、気になるシワにも塗り込みましょう。

©表参道まぶたケア研究室
じっくり丁寧に塗りこむことで、薬用有効成分がダイレクトに効いていきます!

たったこれだけのケアで、長年の深い悩みを改善できるなら、あとは気になるのはお値段——

私も最初見たとき驚きましたが、この1本が税込で2000円以下。

定期コースで初回、たったの1980円(税込)で試せるんです!

(通常価格は7975円です)

*2回目以降は、通常価格より20%OFFの6380円(税込)で毎月自動でお届け。

回数の"縛りナシ"なので、まずは気楽に試してみるのがオススメ

何もしないと悩みは解消しませんが、実際に使ってみれば改善するか、変化があるか結果が見えます。

結果の良しあしを見て、継続の可否を決めるのが現実的で、使用前からアレコレ悩んでいても仕方がありません...。

なので、1回使って効果を見て、その場で解約するか継続するか決めましょう。

 

購入は、公式サイトから注文すると「4大特典」が付いてくるのでお得。

  • 75%OFFの1980円(税込)
  • 大人気!卵角膜オールインワンジェルミニがプレゼント
  • 全国どこでも送料無料
  • いつでも変更・お休み・解約OK
©表参道まぶたケア研究室
薬用ターゲットショットの詳しい体験レポートは、今後アップする予定なのでお楽しみに☆

*クリーム以外の他の対策も、今後アップしていきますね。

 

この記事を書いている人

日本化粧品検定1級保持
\ 美容研究家 監修 /

OMOTE SANDO EYELID CARE LABORATORY©
火・水・木・金・土 10:00~19:00
*新メンバー・研究員募集*

\ メディア掲載実績 /
@cosme・Yahoo!知恵袋など多数

-目元のシワ対策

Copyright© 表参道まぶたケア研究室 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.